こんな街コンは嫌だ!実際にあったひどい街コンをご紹介【街コンや婚活イベントで使えるテクニック】

こんばんは、はしもとです。

残念ながら今週末の街コンで1件中止を決定いたしました・・・。この後メールが届きますので、お申込みいただいた方はご確認をお願いいたしますね!

 

実際にあったひどい街コンをご紹介。

本日のテーマはこちらです。

街コンって本当にピンキリです。信じられないくらいひどい街コンって世の中にごまんとあるんです。今日はそんなひどい街コンについてまとめていきます!

 

このつぶやきをまとめているのは、婚活プロデューサーSpoonはしもと。

北は札幌から南は鹿児島まで過去6年間で3,000件以上の街コンを企画運営してきました。また大学時代は心理学を専攻していたことから恋愛心理学にも精通しております。

 

本当にあった・見た・参加した話だけをピックアップ!

信じられないかもしれませんが、本当の話です!!!街コンを開催していると、参加者の声も聞くことができます!

「はっし〜さん、聞いてくださいよ!前に参加した街コンが酷すぎたんで、もう浮気しないです!!」なんて声も多いのが現状です。。。

 

ひどい街コンに参加しないようにご注意ください!

このつぶやきは何もネタとして面白記事をあげているわけではありません。実際にひどい街コンはたくさんあることを知っていただき、避けてほしい!という思い出まとめています。

 

ハズレの街コンに参加しないための方法もまとめております!

別のつぶやきですが、ハズレの街コンに参加しないための方法もまとめております。このコラムの最後にご紹介しているので、よければ参考にしてみてくださいね!!!

 

過去7年で見てきた本当にあったひどい街コン12選。

 

これだけ街コンの経験値を積んでしまうとこうしたネタはたくさん集まります。今回は12個にしましたが、ものの数分で思い出した上位12個です。もっとあると思いますので、思い出し次第この数字は更新されていきます!!

 

1 | 参加人数が、男性4名:女性2名の街コン。

そもそも参加人数が少なすぎる街コンです。これは友人の女性が参加したのですが、キレて返金を求めた街コンだそうです。

ですが、運営会社は返金を拒否って警察沙汰になったとか。結果、警察が来て参加者全員に返金、街コンは終了となったようです。

 

2 | 1名参加男性は全員、別の2名組と3名で回らされる。

これは、はしもとの経験談です。笑

友人と別々のチケットを購入し参加した街コンです。別々のチケットだけれど一緒の席にしてほしいと言ったら断られました。

結果、僕らは別々の席で、それぞれ知らない2名組と3名で回らされることになりました。気まづかった〜!!

 

3 | 男女比が、男性10名:女性4名の街コン。

男女比の悪い街コンですね。これを聞いた時びっくりしました。どうやって運営するんだろうって・・・。はしもとも7年間で経験したことがなかったので・・・。

参加したアルバイトスタッフに聞いたら、1つのテーブルでホームパーティーのように開催されたようです。。。う〜ん、街コン?それ。。。って感じ・・・。

 

4 | 友達と参加したのに、別々の席に案内された。

これは、はしもとが実際に参加した街コンの話。1名参加の女性と男性2名で話しました。

1人で来たの?って聞いたら、隣で1名で話している女性が友達で一緒に来た、と言われました。。。

え、隣の席なのに別々で案内するって・・・。裏側も知っている人間からすると、僕たちは1回休憩するから、その子たちを一緒にしてあげて!って感じでした。。。

 

5 | 運営スタッフはおらず、飲食店のスタッフが片手間で運営。

そもそも街コンスタッフがいないケースもあります。笑

会場となる飲食店のスタッフが片手間で運営する街コンです。その人は街コンのプロでもないですし、片手間ですからね・・・。笑

運営はグダグダって聞きますよ。。。

 

 

6 | 参加年齢が明らかに違う男性が多すぎる。

これは参加者からよく聞く話なんですよね〜・・・。20代限定なのに30代の男性が混じっているとか。30歳ならまぁまぁと思えるかもしれませんが、30代後半がいたとか。。。。笑

 

7 | ハイステータス限定なのに、受付で何も確認しない。

これは、はしもとが昔会社員時代に経験したことです。年収いくら以上、経営者や公務員限定っていう街コンなのに、当時の同僚は一切確認していなかったようです・・・。

それを信じて参加した女性は!ってなりますよね。まぁ、それがSpoonを作った理由なんですけれどね。

 

8 | 運営スタッフが参加者にナンパをする。

友人の女性が経験したようです。運営スタッフの男性が女性参加者にLINEを交換するように言われたようです。これはクレームの嵐だなぁと。。。

 

9 | フリータイムに切り替わった瞬間に9割の参加者が途中で帰る。

これは最近聞いた婚活会社の話です。10人ちょっとの参加者数の婚活イベントを開催していたようです。

最初は席替えをしながら全員と話せるように運営していたようです。最後に「もっと話したい人と自由に話せるように」と席を決めずにフリータイムを作ったようです。

「じゃあ、ここからフリータイムです!自由に立ち上がって自由に動いていいですよ!」・・・誰も動くわけないじゃないですか。笑

結果、ほとんどの参加者が二次会に行くでもなく面白くないから帰ったみたいです。笑

 

10 | 女性はサクラばっかりで、誰もLINEを交換してくれない。

女性0円で打ち出している街コン会社でよく聞く話です。女性価格が低すぎるとサクラの可能性をよく言っていますが、ここまで露骨だとは思わなかったです・・・。サクラを入れるなら、参加している間の教育までしっかりすべきと思いますけれどね!!まぁ、サクラを入れたことがないのでわかりませんが・・・!!

 

11 | ソーシャルディスタンスガン無視。0距離の街コン運営。

コロナの時期なのに100名規模の街コンを開催している会社がありました。参加者をぎちぎちに狭い会場に詰め込んで、マスクを外している参加者にも何も言わず。。。クラスター起こさないでよ〜って感じです。

 

12 | 料理があるって書いてあるのに、ドリンクだけの街コン。

今は街コン業界から追放になった会社です。書いてあることが明らかに嘘の会社ですね。ここがすごかったのが、男性は参加費が8500円とかだったらしく・・・。料理が出ないなら出ないで少しは安くしたら?って思いますけれど、男性は騙されちゃうんですよね〜・・・。

 

コロナの影響で、悪い街コン会社は増えているので要注意!

本当に注意してください!コロナでどの街コン会社も打撃を受けています。1円でも利益を上げるためにどんどん悪い街コン会社が増えているのです。

 

ハズレの街コンを選ばずに、楽しい街コンを楽しもう。

世の中の街コンが全て「いい街コン」なら何も言うことはないのですがねぇ・・・。ですが、そんな街コンが消えないのでSpoonは頑張ります。

 

ハズレの街コンを選ばないための方法をまとめているコラムも参考にしてみてくださいね!

→ハズレの街コンを選ばないために